絵本の作者買い

この記事は、お子さん、どんな本読んでる? Advent Calendar 2015 の 18 日目の記事です

今年のヒット絵本

とりあえず、今年のヒット絵本について、紹介しておこうと思います

『うどんのうーやん』やはりこれですね。chezou さんのどんな子供も好きになる、「うーやん」を広めるたった1つの方法でも紹介されていましたが、本当に頭おかしくて最高の絵本です。

他にも、おなじ岡田よしたか先生の『ちくわのわーさん』と『こんぶのぶーさん』というシリーズ作品も大変頭がおかしくて最高です

結局、『うどんのうーやん』が家で大ヒットしてから、本屋に行く度に「あっ、この絵は!」とか「うーやんっぽい!」という事で『わーさん』『ぶーさん』も購入することになったわけです

さらに、別の出版社の岡田よしたか先生作品『はずかしがりやの バナナくん』という本も、購入しました

読書家のみなさんなら「作者買い」というのは日常茶飯事かと思いますが、絵本の世界にもそれがあって、それどころか子供は作者名がわからなくても表紙の絵柄で「あれっぽい!」「それっぽい!」という感じで指摘しますので、特に顕著なのではないでしょうか。現に、我が家には現在岡田よしたか先生作品と、せなけいこ先生(『ねないこだれだ』の)作品で溢れています

そんなこんなで、絵本の頃から「作者買い」をする癖を付けて、この先の豊かな読書ライフに繋げて欲しいなと願うばかりです。以上!

12 月 18 日

今日はわしの誕生日なんですが、毎年「ウィッシュリストに入れてるからには読めよ」などと言いながら難しい本を送りつけて下さる方が続出しております。ほんと勘弁して欲しいですね


カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です